くらなび ふくい・くらしの研究所

お問い合わせ・電話番号
0776-52-0626

NEW ! くらしの講座『あなたのいいね!本当に大丈夫?身近な問題!ソーシャルメディアトラブル 』を開催しました!

1月18日と25日、令和元年度 最後のくらしの講座を開催しました。
●1月18日(土)  アオッサ6階 研修室607 (福井市)
●1月25日(土)  プラザ萬象   第1会議室 (敦賀市)
「あなたのいいね!本当に大丈夫?身近な問題!ソーシャルメディアトラブル」と題し、仁愛大学 人間学部 コミュニケーション学科 安彦 智史先生にご講義いただきました。

ソーシャルメディアとは、インターネットを通じて不特定多数の利用者が情報をやり取りしたり、共有したりするメディアです。FacebookやTwitter、You tube、Line、インスタグラムなど、私たちの身近なところに、たくさんのソーシャルメディアがあります。現在は誰もが簡単に発信することができ、その情報の真偽のチェックはされません。他人が投稿したデマの情報を拡散する可能性があったり、犯罪に利用されたり、個人情報が漏れ被害に合うこともあります。

講師は、「重要な情報のやり取りをしない、事実かどうか不確かなもの、他人のプライバシーや個人情報を発信しない、センシティブな世間の関心事にむやみに干渉しない」などSNS炎上を防ぐポイントを挙げられました。炎上が起きてしまった場合にも、まずは落ち着き、福井県警察本部サイバー犯罪対策室や福井県消費生活センターなどの相談窓口を利用すること、「すぐ削除」が必ずしも良いとはいえず、炎上時の対応は一貫性が重要であるとのことです。

最後に、「人は平安時代から文や日記や和歌など、ソーシャル・ネットワーキング・サービスと同じようなことをしていた経緯があり、もともとコミュニケーションが好きな生き物。ソーシャルメディアは使い方次第で毒にも薬にもなるということ、マナーやモラルを守り、どうすれば楽しくコミュニケーションをとれるのかを考えることが大切。」と教えていただきました。

出前講座講師派遣依頼書ダウンロード