くらなび ふくい・くらしの研究所

お問い合わせ・電話番号
0776-52-0626

NEW ! 令和4年度福井県委託事業 「くらしの基本セミナー」開講しました!

令和4年度福井県委託事業 担い手養成講座
「くらしの基本セミナー 開講式・第1回」

令和4年度 福井県消費生活センター委託事業「わたしの選択とこれからのくらし くらしの基本セミナー(全10回)が、9月5日(月)に開講しました。会場での開催は3年ぶりとなり、会場からZoomを使ったオンライン配信も同時に行いました。10回の講座を通して、消費生活についての知識を広め、周囲にも伝えられる消費者教育のリーダー育成をめざします。これから毎週月曜日の午前中にハイブリッド形式で開催します。
開講式では、福井県消費生活センター 柳原仁一所長より「消費者として自分ができることは何かを考えながら消費生活に必要な知識を身につけてください。最後まで楽しく元気に学んでください。」とご挨拶いただきました。

第1回のテーマは、『環境に優しい消費』です。
講師は、福井県安全環境部 県民安全課 新田直哉様です。私たち消費者がより良い地域や社会をつくるため、今私たちができることについてお話いただきました。
大量生産・大量消費社会の裏側には深刻な世界の現状があり、全ての人が豊かに暮らし続けていくためにSDGs(持続可能な開発目標)17の目標が定められました。私たちがSDGs推進のために出来ることとして「エシカル消費」の3つの分野(環境への配慮、人・社会への配慮、地域への配慮)について教えていただきました。消費者教育や消費者トラブル防止の啓発に携わっている消費者行政の取組みについてもお話いただき、最寄りの消費生活センター等につながる全国共通の電話番号「消費者ホットライン188(いやや)」を紹介されました。

受講者の皆さんから、意見や感想が寄せられました。
・消費者として、環境や人、社会や地域へ配慮した買い物を心がけたい。
・買い物をする時よく考えてしようと思った。
・自分にできる消費行動の再認識ができた。
・エシカル消費できることから実行し情報発信したい。​

【消費者団体との交流会】 福井市くらしの会 会長 田村 洋子 氏
環境問題や食の安全等に関する調査や学習会で得た成果をもとに、パネル展示や啓発チラシ配布、イベントなどを通して、福井市民への啓発に取り組まれています。また、エシカル消費の浸透を図る啓発活動を通して、持続可能な社会の形成と安全安心な暮らしの維持を目指されています。「私たち消費者に今何ができるかを学び、考えましょう。持続可能で豊かな社会をどう実現するか、これからも学習会を通して消費者力、生活力を養う活動を展開していきます。」と今後の活動についても話されました。

講座のお申し込み 講座資料はこちらから 消費生活通信セミナーWeb講座 出前講座講師派遣依頼書ダウンロード