くらなび ふくい・くらしの研究所

お問い合わせ・電話番号
0776-52-0626

NEW !★くらしの講座★ 『大丈夫ですか?食品や健康食品とお薬の飲み合わせ』を開催しました 

1月25日(金)と26日(土)、2018年度最後のくらしの講座を開催しました。

●1月25日(金) プラザ萬象(敦賀市)
●1月26日(土) アオッサ6階 601B・C(福井市)
講師:一般社団法人 日本食品安全協会 副理事長 平野和行氏

「大丈夫ですか?食品や健康食品とお薬の飲み合わせ」と題して、薬学博士として幅広くご活躍されている平野先生をお招きし、ご講義いただきました。

お薬と食品には食べ合わせ・飲み合わせが悪いものがあり、そのリスクを知らずに服用してしまうと、治療薬の作用を強めたり反対に弱めたりと影響を与えることがあります。今日は、国の承認や事業者の責任のもとに食品に機能性を持たせた「保健機能食品」と「医薬品」の相互作用について教えていただきました。

保健機能食品には栄養機能食品、特定保健用食品(トクホ)、機能性表示食品の3種類があります。 国が定めた安全性や有効性に関する基準などに従って食品の機能が表示されている食品です。 医薬品とは異なり、疾病の治療や予防のために摂取するものではありません。一方医薬品は、一般の食品とは違い、どこでも買うことができません。それは危険なものだからです。使い方を誤ると大変なことになります。

医薬品と保健機能食品との併用により、医薬品の作用が増強または減弱し、副作用が生じる可能性があります。それを避けるためには、薬剤師や登録販売者に相談をすること。自分はどのような食品(トクホや機能性表示食品)を購入し、服用または摂取しているのかをきちんと話すこと。そうすれば薬との相互作用について教えてもらえます。

医薬品を服用している人は、安易に健康食品を利用することなく必ず医師や薬剤師の指導を受けることが大切です。

保健機能食品を摂取している場合、薬をもらう時・病気になった時には医療関係者に正直に言うこと、また、病気を治すのは薬であって、保健機能食品はお薬の代わりにはなりません。

これを頭の中に入れておきましょう!

 

出前講座講師派遣依頼書ダウンロード