くらなび ふくい・くらしの研究所

お問い合わせ・電話番号
0776-52-0626

子供の食に関するアンケート調査(2004)

ふくい・くらしの研究所では、2004年10月に県内小中学校の協力を得て大規模なアンケート調査を実施しました。

1.属性調査より…

  • 小学生のアンケート回答人数が多く、男女比率はほぼ同率。
  • 平均身長は小学生143.9cm、中学生156.5cm、平均体重は小学生37.0kg、中学生45.8kgです。
  • ローレル指数で判定すると、太りすぎ:5%、太りぎみ:5%、普通:48%、やせぎみ:33%、やせすぎ:4%、無回答:4%とやややせ傾向となっています。

2.子供の日常生活…

  • 起床は6~7時が多く、就寝は9~11時が多くなっています。ただし、就寝12時以降の生徒が約1割弱います。
  • 「大変忙しい」「やや忙しい」合わせると5割を超え、6年前と比較してもこの比率は増えています。ゆとり教育の中で、子供たちはより忙しくなっています。
  • 学習塾に行く子供は4割以下と少ないですが、「習い事」「部活・スポーツ少年団など」は6割前後と多く「家の手伝い」は約8割が週に1回以上しています。
    特に、「部活・スポーツ少年団など」「家の手伝い」を週3~4回以上している子供たちが約4割と多くなっています。

3.しつけや食事中の風景…

  • 家族同士の会話について、子供の1/4が「あまり大事にしない」と答えているのが気になります。
    親は「学校や塾のこと」よりも「友達のこと」のほうが関心が高いようです。
    小言は、子供のほうが「いつも言われる」比率が高くなっています。
    食事中にテレビをつけているのは、約6割となっています。
  • 食事は親よりも子供が楽しんでいるようです。
    ただし朝食の「とても楽しい」が少ないのが気になります。

4.夕食風景の絵(動的家族画による分析から)…

  • ①コミュニケーション充実型(表情や動きがある)ものが、全体の31%、②強制感型(人物不在)は3%、③関係貧困型(ひと文字で動きなし)が41%、④意欲希薄型(手のない人物)は7%でした。
  • ①のコミュニケーション充実型(表情や動きがある)ものでは89%に食事が描かれており、安定した食卓と見うけられます。
  • ③のひと文字表現で食事が描かれていない絵は52%と最も多く、家族内のコミュニケーションの乏しさ、食事への興味のなさの現われで、夕食が楽しくないこととも繋がりがあるもかもしれません。

調査報告書は、(社)ふくい・くらしの研究所にて、1冊300円にて販売しております。※会員割引あり

お問い合わせ・ご注文は、(社)ふくい・くらしの研究所 TEL(0776)27-0626まで

出前講座講師派遣依頼書ダウンロード